名古屋のICLクリニックはどこがいい?

名古屋のICLクリニックを紹介するサイトです

名古屋

レーシックに次ぐ視力矯正法として人気のICLですが、名古屋でもICLを希望される方は増えています。

名古屋では大手の品川近視クリニックをはじめとして複数のクリニックでICLが受けられるため、クリニック選びに迷っている方も多いと思います。

ICLは自由診療であり費用の違いはもちろん、保障期間やクリニックの実績などに違いがあります。

当サイトではICL選びに悩んでいる方に、名古屋のおすすめICLクリニックをピックアップし、費用や実績など比較してまとめました。

ICLクリニックの選び方

病院を探す

最初にICLクリニックの選び方を紹介します。意識すべき選び方は主に次の4つです。それぞれ詳しく説明します。

病院を選ぶポイント4つ
  1. 費用
  2. 実績・症例数
  3. 保障・アフターケア
  4. 休日に手術が受けられるか

① 費用

ICL手術は基本的にはどのクリニックも厚生労働省が認めた米国スターサージカル社のホールICLレンズを使用して施術します。また手術を行う医師はICL認定医のみが行っています。

つまりレーシックと違ってどのクリニックで受けても手術内容に関して差が少ないのです。(レーシックでは治療メニューや機械の性能等により術後の見え方にも大きく違いが出ます)

そうなると大きな違いは料金面になってきます。

ICLは自由診療であり保険が適用されません。料金はクリニックが自由に設定しているためクリニックによって大きく違います

こだわりがなければなるべく安いクリニックを数個ピックアップし、その上で実績や保証内容などを考慮して決めることをお勧めします。

② 実績・症例数

実績や症例数が多ければ、やはり信用できるクリニックだと言えます。

ごくまれに起こるICL再手術の事例として、目に挿入するレンズの大きさが微妙に合わず、目の中でレンズが動いてしまうことです。

眼の中のサイズは正確には測れないため、他の部分を測定して計算していくしかありません。そのため経験豊富で実績のあるクリニックを選ぶことが望ましいのです。

③ 保障・アフターケア

保障についてもクリニックによって大きな違いがあります。保証期間が長いクリニックの方が、万が一手術後に問題が起こった場合も無料で再手術が受けられます。

④ 休日に手術が受けられるか

意外と忘れがちなのが、仕事や学校が休みの休日に手術が受けられるかどうかです。もちろん有休などを使えばいい話ですが、休みに受けられる方が便利でしょう。

ICLは翌日検診も必ず受ける必要があるため2連休は必要です。そうなると土日にも営業しているクリニックが便利です。

ICL選び方のまとめ

  • まずは①費用と②実績、③保障から選ぶ
  • できれば④休日に手術が受けられるクリニックを選ぶ(なるべく2連休で)

あとは、適用検査を受けた際の医師の対応の良さで最終的に決めればよいでしょう。

 

名古屋のICL費用比較

クリニックの費用

先ほど説明したように、ICLは手術内容がどのクリニックでも同様になるため(検査の精度等では差が出る場合あり)、できるだけ安い費用で受けられるクリニックが理想です。

下記は名古屋の主なICLを行っているクリニックの費用比較です。

クリニック 乱視なし料金 乱視あり料金 検査料金(※)
品川近視クリニック 46.0万円(-5D未満)
53.7万円(-5D以上)
56.0万円(-5D未満)
63.7万円(-5D以上)
無料
眼科杉田病院 682,000円 726,000円 無料
中京眼科 814,000円 858,000円 無料
にしはら眼科クリニック 715,000円 825,000円 1,100円
名古屋アイクリニック 770,000円 825,000円 31,320円
おぐり眼科 600,000円 700,000円 30,000円
富田眼科クリニック 824,500円 927,500円 33,000円
茶屋ヶ坂眼科クリニック 891,000円 1,001,000円 5,500円
ばん眼科 550,000円 660,000円 無料

※適応検査費用と精密検査費用を合計したもの。
(注意) すべて税込価格。料金は変更されている場合があるので来院前にはご自身でご確認ください。

どのクリニックでも乱視ありの場合、乱視なしに比べて最大10万円程度の料金の差が出てきます。乱視ありの方は予め理解しておきましょう。

上記のように価格比較した結果、乱視なし・乱視ありともに大手の品川近視クリニック名古屋院が最も低価格でICLを受けられます。
 

名古屋ICLクリニックおすすめ8選

品川近視クリニック名古屋院

品川近視クリニック名古屋

最安料金
46万円~
症例数
128万以上
保証期間
3年

視力矯正手術の分野で国内トップレベルの実績を誇る品川近視クリニック。

費用面でも名古屋の最安水準であり、症例数も最多。保証期間も3年で土日祝も手術を行っており、先ほど紹介したICL選定基準をすべて満たしています。

名古屋でICLを考えるなら、品川近視クリニックは候補に入れておきたいクリニックです。

ICL最多症例数を受賞した名古屋院
米国スター・サージカル社による名古屋院の表彰

(出典:品川近視クリニック公式サイト)

品川近視クリニック名古屋院は、名古屋市内だけでなく中部地域のICL最多症例数を表彰されました(2019年度にスターサージカル社による)

実績でいえば名古屋でナンバーワンです。

品川近視クリニックのICL費用

近視度数 料金(税込)
-5D未満 (乱視なし) 46.0万円
-5D以上 (乱視なし) 53.7万円
-5D未満 (乱視あり) 56.0万円
-5D以上 (乱視あり) 63.7万円

適応検査:無料 

「乱視あり」の場合は「乱視なし」より10万円ほど高くなりますが、それでも業界平均から見ると最安水準といえます。

品川近視クリニックの住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 名駅東ビル3F
アクセス JR名古屋駅 桜通り口より徒歩7分
地下鉄桜通線国際センター駅3番出口より徒歩1分
受付時間 10:00~20:00
休診日 年中無休
名古屋院 院長 小木曽 光洋
\無料の適用検査WEB予約へ/

品川近視クリニック公式サイトへ

 

眼科杉田病院

眼科杉田病院

栄に大きなビルを構える総合眼科の眼科杉田病院は、地域の方の信頼も厚く、じっくり親身になって対応してくれる眼科です。

眼科杉田病院ではレーシックを行えない方にICL(後房型眼内レンズ)での近視矯正を勧めています。

近視以外の目の疾病がある方などに特におすすめです。

眼科杉田病院のICL費用

乱視あり・なし 料金(税込)
乱視なし 682,000円
乱視なし 726,000円

ICL手術後1年間の定期検査費用を含む価格です。

検査費用:3万円 

眼科杉田病院の住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市中区栄五丁目1-30
アクセス 地下鉄東山線 栄駅13番出口から徒歩8分
地下鉄名城線 矢場町駅1番出口から徒歩3分
受付時間 通常診療 7:00~12:00(予約の方は15:00まで)
夜の診療 12:00~18:30
休診日 日曜日、祝祭日、第1・3土曜日、年末年始
院長 杉田 威一郎

眼科杉田病院の詳細はこちら

 

中京眼科

中京眼科

熱田区にある白内障手術で有名な中京眼科。

白内障手術で実績のある医師であればICL手術は難しいものではなく、安心して施術が受けられます。

日本で数少ない医師に技術指導を行うエキスパートインストラクターの市川一夫医師、小島隆司医師が在籍。また渡邉三訓医師を含めた3人は、Best Doctorsの一人に選出されました。

中京眼科のICL費用

乱視の有無 ICL費用(税込)
乱視なし 814,000円
乱視なし 858,000円

術前検査及び術後3ヶ月までの診察・検査・投薬費を含む価格です。

適応検査:手術代に含む 

中京眼科の住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市熱田区三本松町12-22
アクセス 名鉄神宮前駅の東口より徒歩1分
診療時間 9:00~12:00、15:00~19:00
休診日 木曜、日曜、祝日、土曜の午後
院長 市川 玲子

中京眼科の詳細はこちら

 

にしはら眼科クリニック

にしはら眼科クリニック

名古屋市緑区のにしはら眼科クリニックは、最新の医療設備のある比較的新しい眼科です。

眼内コンタクトレンズ手術(ICL手術)の認定施設でもあり、緑区の方にはうれしい存在といえます。

院長の西原先生は、あいち小児医療センター眼科と豊橋市民病院眼科の非常勤医師も兼務する実績のある医師です。

にしはら眼科クリニックのICL費用

乱視の有無 ICL費用(税込)
乱視なし 715,000円
乱視なし 825,000円

術前検査及び術後1年間の診察・薬代を含む価格です。

適応検査:1,100円(税込) 

にしはら眼科クリニックの住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市緑区潮見が丘1丁目48番2
アクセス 名鉄鳴海駅より徒歩17分、タクシー5分
※駐車場35台あり
診療時間 9:00~12:00、15:00~18:00(火曜・木曜の午後は手術のみ)
休診日 土曜日午後、日曜日、祝日
院長 西原 裕晶

にしはら眼科クリニックの詳細はこちら

 

名古屋アイクリニック

名古屋アイクリニック

金山にある地域密着型の名古屋アイクリニック。ICLのエキスパートインストラクターが2名在籍し、視力回復手術を受ける方の半数はICLを選んでいます。

2500眼以上のICL手術実績があり、その蓄積されたデータを生かした手術を提供しています。

JACO中京病院と病診連携しており、もし何かあった場合でも迅速な対応が可能です。

名古屋アイクリニックのICL費用

乱視の有無 ICL料金(税込)
乱視なし 770,000円
ICL乱視なし 825,000円

術前検査及び術後1年間の定期検査費用を含む価格です。

適応検査:31,320円(税込) 

名古屋アイクリニックの住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F
アクセス JR・地下鉄金山駅から徒歩1分
診療時間 平日 9:00~12:00、14:00~18:00
土曜 8:30~16:00
休診日 木曜、日曜、祝日、年末年始、お盆
院長 中村 友昭

名古屋アイクリニックの詳細はこちら

 

おぐり眼科

おぐり眼科

栄駅の近くにある名古屋おぐり眼科は、屈折矯正手術のレーシック提供をやめてICLに絞って提供しています。

適応検査は無料で受けられ、土日も手術が受けられるのは嬉しいところ。

またICLだけでなく一般の眼科診療も行っており、トータル面でも安心できる眼科です。

おぐり眼科のICL費用

乱視の有無 ICL費用(税込)
乱視なし 600,000円
乱視なし 700,000円

※別途、検診費用30,000円が必要(術後1年間の薬代等含む)

検診費用:30,000円 

おぐり眼科の住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F
アクセス 地下鉄 栄駅2番出口からすぐ
診療時間 平日10:00~13:00、14:00~18:00
土日祝10:00~13:00、14:00~17:00
休診日 水曜日
院長 小栗 章弘

おぐり眼科の詳細はこちら

 

富田眼科クリニック

富田眼科クリニック

地域密着型の富田眼科クリニックは中川区では珍しく2010年からICLを行っている眼科です。視能訓練士が4人在籍し、ICLで重要なレンズ選びの基準となる精密検査が安心して受けられます。

院長の城山先生は東海ラジオにも出演するなど、眼科専門医として幅広く活躍中。

富田眼科クリニックのICL費用

レンズの種類 ICL費用(税込)
ICL乱視なし 824,500円
ICL乱視なし 927,500円

術前検査から術後3ヶ月までの検査・診察・薬代含む

※検査費用:32,000円(税込) 

※適応検査費用3,000円+精密検査費用30,000円

富田眼科クリニックの住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市中川区春田3-9
アクセス ・JR関西本線 春田駅南口より徒歩2分
・近鉄 伏屋駅・戸田駅よりタクシーで5分
診療時間 9:00~12:00、15:30~18:00
休診日 木曜日、土曜日午後、日祝日
院長 城山 敬康

富田眼科クリニックの詳細はこちら

 

茶屋ヶ坂眼科クリニック

茶屋ヶ坂眼科クリニック

千種区にある茶屋ヶ坂眼科クリニックは最新医療で地域に貢献する眼科です。

茶屋ヶ坂眼科クリニックは中京眼科と病診連携を取っており、ICLの執刀は中京眼科の市川一夫先生が担当されます。市川先生はICLのエキスパートインストラクターでもあり、安心して手術が受けられます。

茶屋ヶ坂眼科クリニックのICL費用

乱視の有無 ICL費用(税込)
乱視なし 891,000円
乱視なし 1,001,000円

術前検査から術後3ヶ月までの検査・診察・薬代含む

適応検査:5,500円(税込) 

茶屋ヶ坂眼科クリニックの住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市千種区茶屋が坂2-5-2
アクセス 地下鉄茶屋が坂駅1番出口より徒歩1分
駐車場16台あり
診療時間 9:00~12:00、15:00~18:00
休診日 日曜、祝日、木曜午後、土曜午後
院長 古田 寿男

茶屋ヶ坂眼科クリニックの詳細はこちら

 

ばん眼科(※注意)

ばん眼科

名古屋市西区のモゾワンダーシティ内にあるばん眼科は、気軽に通いやすいのが特徴です。土日祝日も診療を行っているので忙しい方にも便利でおすすめ。

※注意
公式サイトのTOPページからICLページへのリンクが無くなっているので、現在ICLが受けられるのか確認が必要です。

ばん眼科のICL費用

乱視の有無 ICL料金(税込)
乱視なし 550,000円
乱視なし 660,000円

適応検査:1万円(手術を受ければ無料) 

ばん眼科の住所・アクセス

住所 愛知県名古屋市西区二方町40番地 MOZOワンダーシティ4F
アクセス 名鉄・地下鉄 上小田井駅北口より徒歩5分
城北線 小田井駅より徒歩10分
診療時間 10:00~12:30、14:30~18:30
休診日 水曜日、年末年始
院長 後藤 靖彦

ばん眼科の詳細はこちら

 

ICL手術前に理解しておくこと

診断する医師

ICLの適用条件は?

ICL(眼内コンタクトレンズ)はレーシックと比較して幅広い患者に適用可能な視力矯正法です。適応年齢が18歳以上で、中程度から強度の近視の視力矯正に適した方法であるとされています。

-6D以下はレーシックが適している?

具体的には-6Dを超える近視の患者がICL適用となり、-15Dを超える強度の近視の場合には慎重に適用するかどうか検討する必要があるとされています。

ただし、-6D以下の近視の人がICLを受けられないというわけではありません。

-6D以下の近視にはレーシックの方が適しているとされていますが、角膜が薄くてレーシックができない場合や、手術前の状態に戻せるICLのほうが安心だと感じる場合には、ICLで治療を行うことも可能です。

患者の症状や意思に応じて、主治医と相談しながら治療法を決定することが大切です。

-6D以上の近視でもICLが受けられない場合

また、18歳以上で-6D以上の近視であっても、下記などはICLの治療が受けられない場合があります。

  • 妊娠中・授乳中の場合
  • 近視の度数が不安定な場合
  • 角膜と水晶体の距離が浅い場合

ICLのメリット

穴あきICLレンズ

ICLのメリットは次のような点にあります。

  • レーシックで近視を矯正した場合に比べて、ICLは術後の視力の戻りがほとんどありません。手術直後の良好な状態がずっと続きます。
  • 強度近視(-10D以上)の方はレーシック手術できませんが、ICLなら手術可能です。
  • 角膜を削るレーシックと違い、角膜を削らないので、レーシックよりも術後の見え方がとてもクリアです。
  • ICLでは眼内のレンズをいつでも取り外し、裸眼の状態に戻すことが出来ます。その結果、目の老化で将来白内障などの症状が出ても眼内レンズを取り出して治療出来ます。
  • レーシックは角膜を28ミリほど切開しますが、ICLでは眼内レンズを挿入するわずか3ミリしか切開しません。その結果、術後のドライアイがなく、夜間の光のちらつきやにじみがほとんどありません。
  • ICLレンズの特性で紫外線をカットしてくれます。
  • コンタクトレンズのような手入れや、紛失もありません。仕事やスポーツも快適にできます。
一度ICLをすれば一生涯にわたって眼鏡やコンタクトをしなくてすむのは一番のメリット。何かあった場合も取り外せるのも安心です。

ICLのデメリット

次に、ICLのデメリットをあげておきましょう。

  • ICLは検査に基づいて一人一人のオーダーメイドになるため、レンズの準備に時間がかかることもある。海外から取り寄せるため1か月以上待つこともあります。お急ぎの方は、早めの検査をおススメします。
  • 視力が確定していない未成年の間は手術をあまりお勧めできません。基本的にはは20歳~45歳くらいの方がICL手術の対象です。
  • 妊娠中や授乳中の方は手術を受けられません。
  • 糖尿病など内科的な病気のある方はお勧めできません。担当の医師と相談が必要です。
  • 白内障・緑内障など目の病気のある方も手術は出来ません。

ICLをおススメ出来る人

次のような方にはレーシックではなくICLの検討がおススメです。

  • レーシックは角膜をレーザーで削る手術なので、そういった手術を受けたくないとお考えの方
  • 強度の近視や乱視の方
  • 円錐角膜という病気の方
  • 角膜が薄くてレーシック手術に耐えられない方
  • ドライアイの方(レーシックの手術の術後リスクでドライアイを発症しやすい)
  • 老眼が気になる方(多焦点レンズがあるため老眼治療が可能)
従来のレーシックには適応できず、視力矯正手術を諦めていた方には選択肢が大きく開かれた治療といえそうです。

ICL手術の流れ

手術に成功した医師

ICLクリニックでは主に下記のような流れで治療を行います。適応検査と再検査の流れに関してはクリニックごとに多少の違いがあり、来院前に一定期間コンタクトの使用を中止するなどの指示がある場合があります。

STEP.1
適応検査
じっくりと時間をかけて目の状態を検査してICL治療が受けられるか医師が判断します。
STEP.2
再検査
さらに詳細な検査を行いあなたに最適なレンズや度数を決定します。
STEP.3
●手術当日~点眼麻酔
最初に点眼タイプの麻酔を行います。
STEP.4
●手術当日~切開
レンズを挿入するためにおそよ3mm切開します。切開創は自然治癒します。
STEP.5
●手術当日~レンズの挿入
切開した個所から筒状に折りたたんだICLレンズを挿入。レンズは眼内で自然に広がります。
STEP.6
●手術当日~レンズの固定
広がったICLレンズの両端を虹彩の後ろ毛様溝へ入れてレンズを固定します。
STEP.7
●手術当日~休憩・診断・帰宅
麻酔がきれるまで数十分休憩します。その後は問題ないか医師が診察したのち帰宅。日帰り手術です。
STEP.8
翌日検診
翌日検診手術後の眼の状態を確認するために必ず受ける必要があります。
STEP.9
定期検診
その後は、各クリニックが指定する期間ごとの定期検診を受けます。この定期検診の無料期間は各クリニックによって違うため事前に確認しておきましょう。

よくある質問

挿入するレンズの安全性は?

ICLレンズは生体適合性が高いコラマー素材を使って作られており、手術後も定期的なメンテナンスは不要で、長期間にわたってクリアな視界を維持します。
また有害な紫外線UVをカットする効果もあります。

ICL手術後に痛みはありますか?

ICL手術後の痛みが不安な方もみえると思います。手術後は目薬タイプの麻酔点眼薬を出してもらえるので、痛みや違和感を感じた場合はその点眼薬を使えば痛みも軽減されます。もし軽減されなければ、すぐに医師の診断を受けてください。

ICLの失敗例などはありますか?

口コミなどを見るとごくまれに、ICLレンズが自分の目に合わず回ってしまうという事例がありました。その場合はもう一度検査をし直して、自分の目に合ったサイズのレンズを入れなおすようです。

まとめ 名古屋のICL選び

名古屋にはICLが受けられる複数のクリニックがあります。一概にどのクリニックが良いとは言えませんが、実績と保証期間、費用面では品川近視クリニック名古屋院が最もおすすめできます。

ただし大切な目の施術なので安易に決めることはおすすめできません。

最終的には医師の診断を受けてみて、「ここなら信頼できる」とご自分で納得できたクリニックを選びましょう。

 

error: Content is protected !!