• ホーム
  • ピル服用で卵巣がんや子宮体体がんのリスクが減る

ピル服用で卵巣がんや子宮体体がんのリスクが減る

ピルは、避妊を目的に服用する医薬品の一種です。
服用することで、プロゲストーゲンの働きによって子宮の入り口に存在する子宮頸管粘液の分泌を少なくしたりあるいは子宮頸管粘液を粘着化することによって精子を子宮に届きにくくすることが可能です。

しかし、ピルが果たしている役目は実はそれだけではありません。
適切な服用を行うことで将来病気にかかる可能性も抑えることができます。
適切な服用によって防げる病気には、卵巣がん・子宮体がん・卵管炎・骨盤内感染症など多岐にわたります。

ピルを飲むことでどうしてこうした病気を防げるのかに関してですが、これはピルが担っている役割にはホルモンバランスを整える作用があるためです。
ピルを飲むことによって、通常の状態のときよりも女性ホルモンの量の変動が少なくなることで、血中のホルモン量が安定した状態が続くようになります。
そうなると、まず生理前症候群にかかっている場合には緩和されていきます。
精神的にも肉体的にも安定することで健康な状態を保つことができるようになるわけです。

さらに、ホルモンバランスを調整することで生理をコントロールすることが可能となり生理不順を防止します。
子宮筋腫や子宮内膜症にかかっている人の場合は、痛みを軽くすることができ経血量も減らせるため飲むことは有益といえるでしょう。
子宮内膜症は、子宮内膜の組織が子宮内膜以外の場所に成育してしまう病気ですがこれを放置すると卵管炎にかかることもあります。

女性特有の病気で最も恐ろしいのが卵巣がんや子宮体がんにかかるリスクですが、こちらも減らすことが可能です。
というのも、排卵が起きるたびに卵巣の表面が破れることで傷がついてしまいますが、排卵を抑制することで保護してくれます。
女性の場合は、無駄に排卵をしてしまうことで身体が疲労してしまいます。
ピルの服用後の効果にはそれを抑えられる作用があるため、長期的に飲むことは身体を守ることにつながるので有効でしょう。

ピルを服用することで細菌やウイルスの侵入を防げる

ピルを服用することで細菌やウイルスの侵入を防ぐことが可能です。
これはピルの避妊作用の一つに子宮頸管と呼ばれる子宮の入り口部分から分泌させることで出た液体の粘り気を高める作用があります。
それによって子宮にフタをした状態にすることで精子だけではなく細菌やウイルスの侵入を防ぐことが可能です。
これによって発生する様々な骨盤内感染症の予防として服用することはできます。

ただ、ピルそのものはもともと避妊を目的としているため感染症の予防目的だけでピルを服用することはあまり推奨されません。
ピルを摂取するときには、できるだけコンドームなど他の避妊具とセットで使用しておいたほうが性病予防にもなるでしょう。
不特定多数のパートナーと性交渉を持たないということも感染症の予防につながります。
また、性感染症の場合においてはピルだけでは防ぐことはできません。

もう一つ重要な点としては、ピルは医薬品の一種であるため副作用の症状が少ないとはいえないわけではありません。
何らかの異常が服用後に見られるときには医療機関で見てもらったほうが安心といえます。
恥ずかしいと感じる人もいないわけではありませんが、きちんと自分の体を守るという意識を持って適切な服用を行うようにします。
薬の飲み合わせや妊娠の有無などによっても服用できるかどうかが変わってきますので、取扱い方法には要注意です。

ピルは単に避妊を考えるだけではなくルールにそって服用することによって女性の体に大きなメリットをもたらす役割を持っています。
将来的にかかる可能性のある病気を、前もってピルを適切に服用しておくことで防護して母体を保護できる可能性はあるためしっかりと正しい知識を持って服用することが大事といえるでしょう。