• ホーム
  • モーニングアフターピルと低用量ピルの違い

モーニングアフターピルと低用量ピルの違い

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があって、女性がキレイでいる為であったり妊娠出来るように身体を整える目的があります。
分泌量にはサイクルがあって、多くなったり少なくなったりすることがあります。
エストロゲンは骨を丈夫にするとか自律神経を安定させる、脳の働きを活発にするなどの働きをしています。
女性らしい身体をつくると肌や髪を艶々にすることや乳腺の発達を促す働きもしています。
つまり、エストロゲンは女性の健康と美容になくてはならない女性ホルモンです。

このエストロゲンが減ってしまう原因には、ストレスや生活習慣や自律神経の乱れだったり加齢によるものです。
そうなってしまうと肌の調子が悪くなったり髪の毛の艶がなくなってしまったり、精神的不安定や不眠、身体のむくみや太りやすくなってしまったり、身体的にも精神的にも様々な症状があらわれてきます。
また、加齢によるエストロゲン過不足で骨がもろくなって骨粗しょう症のリスクが高まる危険性もあります。
閉経が近くなるとホルモンバランスが乱れて加齢によるほてりや動悸、高コレステロールなどに悩まされる女性も少なくありません。
他にも脳梗塞や心筋梗塞などの血管の病気のリスクの増加や脂質異常症や動脈硬化などの危険も考えられますし、女性ホルモン減少によってアルツハイマー病になりやすくなるとも言われています。

それならエストロゲンを増やすにはどうしたら良いのか、まずは生活習慣の見直しが必要です。
きちんと睡眠をとることと身体を冷やさないことを心がけていきましょう。
食事では、エストロゲンと似た作用をしてくれる大豆製品を積極的に摂取したり、サプリメントを飲むことがオススメです。
有酸素運動をしたり恋愛をすることもエストロゲンを増やすのに有効なので、取り入れていくと良いでしょう。
また、身体の冷えもホルモンバランスの乱れに繋がるので、靴下や腹巻きを着用したり温かい飲み物を飲むようにする冷え対策も必要です。

エストロゲンが減る原因で多いのはストレス!

エストロゲンやプロゲステロンに代表される女性ホルモンは一生のうちでティースプーン1杯程度しか分泌されず、これが女性らしい体づくりや健康に大きく関係しています。
しかし女性の体は本当にデリケートで少しのことをストレスに感じて、女性ホルモンの分泌量が減って体に様々な悪い影響が出ます。
特にエストロゲンの分泌量が原因で骨粗しょう症や脂質異常症、動脈硬化、高コレステロール血症などを発症する可能性があることはよく知られている所です。

毎日忙しく仕事や家事、子育てをする私たちはストレスがまったくないという人はいません。
ストレスは全身の血管を収縮する作用があり、血流が悪化してしまいます。
ストレスが原因で食事も満足にできず、睡眠もゆっくりとれないとなるとこの血流は究極に悪くドロドロになっているはずです。
血流が悪くなれば薄毛や肌荒れ、シワやたるみなど美容の面でも悪影響が起こり、何一ついいことはありません。

そこで女性が毎日イキイキと健康に生活するためにストレスを無理にゼロにする必要はなく、極力溜めないようにする対策が必要です。
例えばストレス解消と全身の血流アップのためにウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動はおすすめ、毎日10分でも継続する習慣をつければ適度に疲れて食事も睡眠もしっかりとれます。

また忙しくても以下のことが大切です。
一日10分だけでも自分の趣味や「気持ちいいな」と思えることをする時間を作り、疲れたらしっかりと休憩しましょう。
家事は後回しにしてゆっくり寝る時間をつくる(ストレスを減らしてくれるホルモンは夜0時~夜中の2時に活発に分泌される)ことです。
それでも悩みを解消できないなら医師をはじめ周囲の人に相談しストレスと上手く付き合っていきましょう。