• ホーム
  • 大人ニキビ改善にはマーベロンを服用

大人ニキビ改善にはマーベロンを服用

マーベロンは生理前の肌荒れを改善できるばかりではなく、なかなか治らない大人ニキビの改善もします。
大人ニキビは主に男性ホルモンやプロゲステロンの分泌によって生じるのですが、マーベロンがホルモンバランスを調整し、男性ホルモンやプロゲステロンの分泌を抑え皮脂が出にくくなってくれるのです。
毛穴詰まりの元が改善され、大人ニキビが出来にくくなるわけです。
要するにホルモンバランスを改善し皮脂を出にくくするという、内側からニキビの原因の根本となるものを改善します。

ニキビだけでなく、ニキビ痕の改善にもマーベロンは有効です。
ニキビを無理やり潰してしまったり、傷つけてしまってできるニキビ痕ですが、すぐにニキビ痕が改善する人とそうでない人がいて、改善には個人差があります。
これは肌のターンオーバ−のスピードによって変わって来るのです。
ターンオーバーとは肌の代謝のことであり、表面の皮膚が生まれ変わっていくことです。
その代謝が活発な人であれば、当然新しい細胞がスピーディーに作られてゆくわけですから、ニキビ痕も自然と消えていきます。
しかし、いつまで経っても古い細胞が残ったままになってしまう代謝が活発でない人はなかなかニキビ跡が消えないのです。

このように肌のターンオーバーは、ニキビ痕が消えるか消えないかを決定的に分ける要因なのですが、マーベロンは女性ホルモンの分泌を変えて、肌のターンオーバーのスピードを変えます。
ターンオーバーは生理前の肌荒れと同じように生理周期によってバランスが乱れてしまいますが、マーベロンを服用することで分泌量が変わり、肌のターンオーバーの乱れを改善するのです。

マーベロンは生理前ではなく日常的にも服用すれば、大人ニキビやニキビ痕といった肌の悩みにも大きな効果が期待できます。
つまり、そうした悩みの根本原因であるホルモンバランスの崩れを改善することができるため、このような良いことに繋がっているのです。

マーベロンを服用してもニキビ改善ができない人の特徴

マーベロンを服用しても中々ニキビが改善出来ない人が確かにいます。
しかし、だからといってマーベロンが大人ニキビに効果がないと結論づけることは一概には出来ません。
というのも、マーベロンが大人ニキビに効果的なのは、ホルモンバランスの調子を整えるからですが、大人ニキビはそれ以外にもできてしまう場合があるからです。
例えば乾燥肌だったり、お酒を飲み過ぎたり、甘いものを食べ過ぎたりといった食事に問題があって出来たニキビの場合は、ホルモンバランスが影響していないのでマーベロンでは改善されません。

むしろ考えるべきは、保湿クリームや化粧水で乾燥肌対策をしたり、お酒や甘いものを控えるなどといった日頃の食事を改善することが重要なのです。
また、服用方法が自己流で間違っている場合も改善されません。
マーベロンを初めて利用する人は、まだ習慣付けられていないため飲み忘れたり、服用する時間帯を間違えてしまうということをしてしまいます。
きちんと時間を守らなければ改善どころか体調に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

例えば、吐き気や腹痛、不正出血などを起こしてしまいます。
せっかく整えていたホルモンバランスが崩れてしまいリバウンド的に肌にも影響が出て、余計吹き出物や肌の状態が悪化してしまいます。

したがってマーベロンをやめる時も、ニキビが出来やすくなってしまいますので注意が必要です。
今まで抑えてきた男性ホルモンやプロゲステロンが活発に活動をはじめて、皮脂の分泌量が増えてしまうのです。
それから注意事項や使用方法もしっかり守るようにしましょう。
肌荒れやニキビの悪化を起こしてしまうので、何か問題が起こったら無理をせずドクターに相談することも大切です。