• ホーム
  • 更年期障害はクリマラ使用で改善できる

更年期障害はクリマラ使用で改善できる

クリマラは体に貼って使うパッチタイプのホルモン補充薬です。
一度貼りつけると一週間効果を持続することができ、薬のような飲み忘れがありません。
有効成分がゆっくり体に吸収されていき体への負担が比較的少なく、蕁麻疹などの副作用の心配もありません。
更年期障害を改善することができ、たくさんの人に利用されているパッチタイプの医薬品です。

更年期はホルモンが崩れたり、介護や子供たちの独立などにより環境が変わる時期になります。
閉経期になると更年期障害に苦しむ女性が多く、更年期障害はエストロゲンと呼ばれている女性ホルモンがダウンすることにより現れる症状です。
急に体が熱くなったり汗が出たり、動悸や息切れなどのさまざまな症状が現れるでしょう。
低下した女性ホルモンには補充療法が効果的で、さまざまな飲み薬や注射薬などが存在します。

飲み薬は毎日欠かさず服用する必要がありますが、人によっては負担になることがあります。
副作用が現れる可能性もあり、内臓の負担もあるでしょう。
飲み薬の負担などを解消するためクリマラが開発され、パッチ式になっているので使用しやすいという特徴があります。

治療薬にはエストロゲンが含まれている貼り薬や塗り薬などがあり、エストロゲンはエストラジオールやエストロン、エストリオールやエステトロールの成分をまとめたものです。
クリマラの貼り薬には女性ホルモンのエスロトゲンの成分「エストラジオール」が含まれていて、クリマラは体に不足するエストロゲンを補充することでホルモンバランスを整えることが可能です。
更年期障害によって起こるストレス性の蕁麻疹や多汗、ほてりやのぼせなどのいろいろな不定愁訴の改善などに効果があります。

更年期による骨密度の骨量を増やす作用があり、骨粗鬆症の予防に効果があります。
エストロゲンの作用からお肌の新陳代謝を促進する効果があり、お肌がきれいになると言われています。
エストロゲンを皮膚に貼ることからエストラジオールが体にゆっくり吸収されていき、急激に高濃度のエストロゲンが吸収されないので体への負担が少ないでしょう。

若年性更年期について学びましょう

そもそも更年期障害は卵巣の老化などによるエストロゲンと呼ばれている女性ホルモンの分泌減少が原因です。
ところが20代~30代といった若年性更年期の場合、過度なダイエットや睡眠不足、ストレスや不規則な食生活などによって月経不順が起こった結果として現れます。
ダイエットなどのせいでエストロゲンの分泌がダウンしたり、ホルモンバランスが崩れたことなどが原因だと言われています。

近年、初潮年齢の低下による早期の閉経も原因の一つとされていて、排卵される卵子の数が決まっていて早い年齢から排卵すると30代での早発閉経という可能性もあるでしょう。
若年性更年期で本人や家族が困るのは精神的に不安定な状態になることです。
本人もどうしたら良いのか分からないようなイライラや落ち込みが起こることがあり、本人はもちろん周囲の家族も困惑するケースが多いでしょう。

家族は病気への理解を示すことが大切で、倦怠感が酷くて家事ができなくなった時などは家族はもちろん本人も大きなストレスを抱えていることが多いのです。
このような場合はお互い感情をぶつけるのではなく、理解を示したり優しく接することが大切と言えます。
生活改善などは家族と一緒にできるので、例えば朝起きて朝日を浴びて脳のセロトニン分泌などを活性化することも一つの方法です。

朝カーテンを開けて太陽の光を浴びたり散歩するなどで症状を軽減することができます。
若年性更年期障害は治療をすると早期に症状を軽減することができる可能性が高く、速やかな受診や家族のサポートが大切になります。
クリマラなどのパッチタイプを利用すると女性ホルモンのバランスを整えることができるので、医師に相談してみると良いでしょう。